野球指導者

鹿島 恭平

「気配り」「目配り」「心配り」全ての人に愛される選手を育てます。

PROFILE

監督
市立船橋高 → 仙台大
高校では投手として、同期の林昌範選手(巨人-DeNA)、福元淳史氏(元ソフトバンク)らとともにプレー。2年秋から公式戦に登板し3年時は夏県ベスト4。仙台大では選手としてプレーしつつ、中学・高校保健体育教員免許を取得。大学卒業後、幼児体育指導企業で幼児でも理解できる運動指導を実践し、心と体の成長をサポート。大学野球と体育指導の経験を活かし城東ボーイズのヘッドコーチを歴任し、その後監督に就任。

MESSAGE

私たち城東ボーイズは、チームの勝利を目指し日々取り組んでいます。しかし、試合に勝利することだけが最終目標ではありません。目標に向かって取組む姿勢を大切にし、平日練習で「打力」「投力」「走力」「ストレッチ&ケア」をしっかり強化し、休日の試合で最大限の力が発揮できる準備をします。指導者たちは、選手とコミュニケーションをしっかりとり、「選手は我が子」の気持ちで愛情を注ぎます。時には叱ることもありますが、良し悪しの判断ができる人になるための教育と考えます。厳しい練習は仲間と励まし合いながらやり遂げ、仲間のミスはチームで取り返し、気持ちの入っていない仲間には厳しく注意します。失敗こそ成長できるという環境を用意し、いつも挑戦する強い心を持てる選手になれるよう、体を鍛え、心を磨き、技を極めるチームを目指します。そして、選手たちが今の私の年齢になったときに「野球をやっていて良かった!!」と思えるように、野球と人間形成の基礎作りに尽力します。

PAGE TOP